九州ヘルスケア産業最前線2018

平成30年3月13日(火)13:15〜16:50ハイアットリージェンシー福岡にて開催、定員200名、参加無料
ハイアットリージェンシー福岡への交通アクセス

プログラム

13:15主催者あいさつ
13:25特別講演
14:05平成29年度 健康寿命延伸産業創出推進事業
(地域実証) 成果報告
15:30次世代ヘルスケア戦略
(研究会報告/パネルディスカッション)
17:00交流会 (会費2,500円/人)

特別講演

九州からアジアへ、東九州メディカルバレー発の挑戦
九州保健福祉大学 教授 竹澤 真吾 氏

【プロフィール】
昭和31年生まれ。早稲田大学理工学部応用科学科を卒業し、同大学院化学工学博士課程修了、工学博士。同大学にて助手を2年間行った後、透析専門病院である横浜第一病院に研究室長として13年間勤務、人工腎臓の小型化や、透析用水処理・検査方法の確立、斬新な透析装置の開発に取組む。その後大学の教員となる。経済産業省のサポートインダストリー、課題解決型医療機器開発事業を受けて血液透析や人工呼吸器に関する開発を行う。簡便な在宅血液透析を目指して大学発ベンチャー企業(株式会社メディカルシード)を作り、画期的な透析システムを大手企業と構築。現在は九州保健福祉大学保健科学部臨床工学科 教授 学科長。これまでのタイでの取り組みが高く評価され、タイ国立タマサート大学名誉賞も受賞。
竹澤 真吾 氏

地域実証成果報告

成果報告

パネルディスカッション

九州経済産業局では、本年度、九州地域における次世代ヘルスケア戦略を検討するため、産学官有識者の参画を得て研究会を設置。第4次産業革命潮流が進展する中で、ヘルスケア分野におけるAI、IoT等の技術革新やデータ、情報の流通・利活用等の視点から本年度5回にわたり検討を実施しました。パネルディスカッションではヘルスケア分野におけるベンチャー・ビジネス、地域における実証・実装等について「Society5.0」時代における九州のヘルスケア産業を展望します。 パネリスト3名

お申し込み方法

当サイトのお申し込みフォームからも受け付けております。
事務局(株)コムディア 
URL: http://health-care2018.com FAX: 093-551-0579 E-Mail: info@comdia.co.jp
インターネットでお申し込み FAXでお申し込み Eメールでお申し込み